加工紹介

様々な加工方法に対応できる幅広い加工技術
このページでは、当社が行う加工のご紹介と特徴をご説明をさせて頂いております。ご紹介しております加工方法以外でのご依頼も承っておりますので、お電話・FAX等でお問い合わせください。

フライス・マシニング加工

マシニングセンタとは、工具を自動で交換しながら加工ができる工作機械です。コンピューター制御ですので、一定かつ高い加工精度を実現できます。医療部品や自動車関係部品に使われる複雑な形状をした部品の加工に利用されています。マシニングセンタでは多軸の加工が可能ですので、NC旋盤では出来ないより複雑な形状への加工が可能です。

NC旋盤加工

NC旋盤とは各種の旋盤に数値制御装置を取り付け、刃物台の移動距離や送り速度を数値で指示できるようにしたものです。NCというのは「Numerical Control」の略で数値制御という意味を持っています。簡単に言いますと数値で制御した旋盤という事です。昔でしたら、旋盤を使いこなすまでに経験が必要でした。さらには職人によって精度がまちまちというような事も起きていました。しかし、NC旋盤を導入後は生産性や正確性が飛躍的に向上しました。
株式会社協和精機 東京オフィス
〒161-0034
東京都新宿区上落合3-8-25 FLANP1106
TEL.03-6908-6061
FAX.03-6908-6063
■金属加工業
■精密部品加工業
■切削加工業